賃貸物件とマイホーム購入の違い

賃貸物件とマイホーム購入について年代別に比較すると20代は賃貸物件の人が多く、30代以降にマイホームを考える人が多くなっています。マイホーム購入の場合、物件価格の20パーセント程度の頭金と7~8パーセントの諸費用がかかります。諸費用は印紙税、ローン融資手数料などが必要になります。賃貸物件の場合はこの初期費用が少なくて済むのが大きな魅力です。また気軽に引越しができます。マイホームの場合は近所付き合いなどの対人関係の問題やさまざまな地域社会との関係で悩むことになります。賃貸物件の場合は金銭的に引越しも安く、気に入らないという理由から自分の気に入った場所や交通の便利の良い所にかわることが可能です。賃貸物件とマイホームのメリットとデメリットを比較しながら自分に合ったライフプランを立てるようにすることが大切です。賃貸物件は修繕費はすべて毎月の管理費と共有費に含まれているので、自分でメンテナンスをする必要がありません。管理会社が修理をしてくれます。また近ごろの賃貸物件は構造や仕様設備が整っています。ペットやピアノがおける物件も多くなっています。自分の好きなイメージの物件をさがすことができるようになっています。

3091

情報収集

早めの情報収集と情報量が上手なお部屋探しの決め手となります。主な情報収集方法は3通り。 1.インターネットで検索  ・・・地域名と不動産、賃貸などのキーワードを入れればその地域の不動産屋さんのサイトから物件を調べる事も出来ます。    一般的に大手の不動産サイト(アパマンショップ、エイブル、いい部屋ネットなど)でそれぞれの地域の相場を把握しておけば    その後の不動産周りをする際に話がスムーズです。 2.住宅情報誌で探す  ・・・住宅情報誌は当然書店に行けば有料でもありますが、最近は更にリアルな情報を毎週発行しているフリーペーパーでチェックする    事も出来ます。スーパー、コンビニ、書店など入口あたりに行けばたいていはおいてありますので、そういった情報を基に気に入った    物件を探すのも良いでしょう。 3.不動産会社に直接訪問  ・・・不動産会社に行けば雑誌やインターネット上に出ている以上のリアルタイムな物件も検索してもらえるので多くの不動産会社を回って    情報を仕入れたほうが良いと思われます。    不動産会社の入口ディスプレイにあるものはあくまでも参考なので、不動産会社がそれらの物件だけしか持っていないというわけでは    ありません。ですから探している地域の不動産会社に思い切って飛び込んでみるのも一つの手だと思います。    その他、住みたい地域を回っていたら『入居者募集』の看板の下に不動産会社名が入ってたりするので、それを基に訪問してもいいでしょう。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件とマイホーム購入の違い.