パーソナルコンピュータについて学習

パーソナルコンピューターという呼び方も最近ではあまり耳にしない。それはパソコンが普及してきた証拠でもあるが、これが正式名称であることには変わりはない。逆に、パソコンの正式名称は?と聞かれふと迷ってしまう人が大半の時代になったのではないかと思う。パーソナルコンピュータ (Personal Computer) とは、主に個人で使用するために作られたコンピュータで、現代では「パソコン」や、「PC(ピーシー)」とよばれています。 使えない人はまだまだいるものの、知らない人はもうほとんどいないでしょう。現在では小学校でも、パソコンをつかった授業が必須であるところもありますので今後はより身近なものになっていくことでしょう。一家に一台の時代から、一人に一台の時代へと変遷している。しかし、パソコン機能を必要としている人は、本当はごく少数のような気がします。大半の人は、インターネット機能だけをパソコンで使用している人が多いと思われ、そういった人たちは、スマホの台頭により安価に目的を達成できたと言える。 現在、このパーソナルコンピューターは企業だけに留まらず、一般家庭にも普及し、今や生活の一部となっています。 そんなパソコンも急に開発されて今に至るわけではなく、長い歴史の中で開発され過去には類似の機械も多くありました。パソコンの種類も今や数え切れないほどあり、パソコン自体を自分で作ってしまうことも可能な時代となりました。 既製品もそのまま使用するのではなく、自分のやりたいことに必要なものを組み込み、カスタマイズして使うのが当たり前になり、購入時のままでいるよりは機能を自分ですきなように拡張していくようになりました。 そんな時代を振り返り、深く学んでもらえればと思います。深く学んだうえで、自分に合った機能または、自分に本当に必要な機能は何かを見つめてもらい、パソコン選びの方向性を決める一つの指標になればと思います。
◆種類◆
・デスクトップ型
・タワー型
・ラップトップ型
・ノートブック型
・ネットブック
・タブレット
・その他
現代ではパソコンと同じく、携帯電話もますますの進化をつげ、ほとんどの人にとってなくてはならないものになりました。 最近の携帯にはインターネットはもちろん、画像の編集などもでき、数年前の携帯と比べ、今までパソコンでしかできなかったことが少しずつではありますが携帯でも出来るようになってきているように思えます。 もちろん、まだまだ機能の差はあり、パソコンでできても携帯ではできないということは多々あります、ですが、いつの日か、パソコンと携帯の進化がまじりあい、従来の大きなパソコンはなくなっていくのではないかと思っているのは私だけでしょうか。 もしくは全く違う何かがでてくるのかもしれませんね。そうなってしまうと、それはすでにパソコンではなく、新しい分野の新呼び名がつられている事でしょう。 既に、そういった時代に突入しているのかもしれませんが、まだそれをわかって、しかも使いこなしている人は一部の人で、多くの人は昔のパソコンと何が違うのかわかっていないのが現状ではないでしょうか。

2034

Copyright © All rights reserved.パーソナルコンピュータについて学習.