オフコンとの違い

パソコンとワークステーションとミニコンとオフコンの違い オフコンって言葉をご存じですか?オフコンとは、オフィスコンピューターの略称です。中小企業で事務処理の為にに設計された比較的小型のコンピュータで、日本独特の呼び方らしい。アメリカ等では、別の名前があるらしい。しかし、事務処理のためのコンピューターとは何とも漠然としたくくりだと思う。企業の作業の中には、経理やその他業務処理など様々な分野に分かれていると思う。その業務のくくりなく、オフィスで事務処理を行うコンピューターを全て同じ呼び名でくくるとは、大きすぎるのではと思われてならない。 「筐体の大きさがどれくらいあるか」、「どんな業務に利用できるのか」、といった観点で見た場合、以下の4者の間に決定的な違いが無い。4者を区別する場合は「歴史的事情(生い立ち)」と「内部アーキテクチャ」等を知る必要がある。 1. パソコン * パソコンの定義については、本ページの別の項目に解説があるので割愛する。なお、パソコンのルーツは二系統ある。一つはホスト機のダム端末のインテリジェント化として始まった系統。もう一つはTK-80やAltair 8800のようなホビーマイコンとして始まった系統である。特にホビーマイコン系の方は、大抵のものがインテルの8080/8086互換系のCPUを搭載していた。 2. ワークステーション * 汎用コンピュータ(メインフレーム)などで構成されたサーバとネットワークで接続され、事務専用端末として使用されることもある。なお、JIS X 0001 (ISO/IEC 2382-1)では、「通常、専用の計算能力をもち、利用者向きの入出力装置をもつ機能単位(ハードウェア・ソフトウェアからなる指定した目的を遂行できるもの)」と定義しており、これに従うとパーソナルコンピュータ (PC) が含まれるが、通常はPCとは分けて考えることが多い。 3. ミニコン * ミニコンは、メインフレームのように大規模なシステムを想定したしかけが搭載されていないながら、メーカー独自のアーキテクチャを持ったコンピュータを指す。意味合いとしては、メインフレームの縮小版ともいえ、その性格上、メインフレームに比してダウンサイジング化やオープンシステム化の影響を受けやすく、メインフレームよりも早く市場から淘汰されていった。大きさについては、電子レンジ以上の大きさを持っているものを指す。あまりに小さいものはマイコンに分類されてしまう。逆にメインフレームに匹敵するほどの大きさを持っていても分類上問題ない。 * 用途としては、主に制御系(プロセス制御、通信制御など)を中心に、エンジニアリング系にも利用される。 4. オフコン * オフコンはミニコン及びワークステーションの一種であるが、「これはオフコンである」とベンダが宣言し、既存の業務・業種パッケージ(財務会計や給与計算、販売管理など)をマシン購入と同時に利用できる形で売り出した製品を指す。日本独自の呼称表現であり、欧米では日本で「オフコン」と呼ばれるコンピュータも「ミニコン」と称する。端的には、上記ミニコンのアーキテクチャを、中・小規模な企業内における事務処理用途に特化させたものである。 * 現在オフコンと呼ばれているものは、昔(1990年頃まで)においてオフコンと呼ばれたものの後継版製品を指す。現在では内部ハードウェアのアーキテクチャはパソコンと同様であることが多いが、独自のオペレーティングシステム (OS) を搭載し、かつてのオフコン用のアプリケーションが使用できるように施してある。現在では、オフコンからネットワークへの遷移が見られる。家庭内でも、小規模なネットワークを構築する時代なので、小規模なオフィスでは、オフコンを設置するよりも、簡易で安価に代用できるであろう。家庭内では、パソコン同士のネットワークだけではなく、テレビや家電製品とのネットワークを構築することもサービスとして、容易に投入できる時代である。家電製品だけでなく、安全性という面から、防犯システムへの転用、ドアや窓のメーカーがサービスとして提供している。

Copyright © All rights reserved.パーソナルコンピュータについて学習.