パーソナルコンピューターとう言葉の歴史

パーソナルコンピューターという言葉が使われたときはいつが初めてなのだろうか。ふとこんな疑問がわいたので調べてみた。ウッキによると、1962年にニューヨークタイムズ紙の記者による記事が一例であるとされている。当時の記事には、コンピューターに関する将来の見通しが書かれており、子供たちが普通に使いこなすと書かれている。しかし、当時はまだまだパソコンはもちろん高価であり、普及は難しいように思えた。今でいうパソコンというより、情報処理装置という感じを受ける。日本でパーソナルコンピューターという言葉が誕生使われ始めたのは、日立製作所が開発したコンピューターのカタログに使われたのが初めてかもしれない。

歴史

パーソナルコンピュータは、1970年代のアメリカ合衆国で幕開けとなりました。当初はAltair 8800や、アップルコンピュータ、タンディ・ラジオシャック、コモドール、アタリなどによる、8ビットのマイクロプロセッサを用いた製品が登場し、後にIBMやアップルコンピュータ等によってより高性能なものが開発されていきました。 日本では、1970年代半ば過ぎに「ワンボードマイコン」と称する、コンピュータの組み立てキットが販売されています。その後、各社がこぞって開発を行い、8ビットコンピュータによるBASICの時代が到来します。 1979年、ワンボードマイコンメーカの1社であり、大型電算機の分野でも大手の日本電気 (NEC) がPC-8000シリーズを発売。その後の商品展開に伴って、メインフレームのACOSとの親和性や、NECの企業力とイメージをフルに使ったハードウェア・ソフトウェア展開がなされ、それまで「エンジニアの道具」と「大人の玩具」の両極端でしかなかったパソコンは「オフィスの必需品」へと変貌します。その方針は、後継となるPC-8800シリーズやPC-9800シリーズにも受け継がれた。同製品のロゴマークにPersonal Computer の銘が刻まれていたことからもわかるが、この頃にはすでにPersonal Computerという言葉は広く使われていたが、1980年代まではマイコンと呼ばれることも多くありました。 1980年代前半に16ビットコンピュータが登場すると、マイクロソフトによるMS-DOSが用いられMS-DOSの時代が到来します。 1984年に登場したMacintoshは、グラフィカルユーザインターフェースの概念を大きく普及させることに成功し、後のコンピュータに影響をもたらしました。 1989年に東芝から発売されたDynaBookは、場所を決めずにいつでもどこでも利用できるノートパソコンを大きく広めるものとなります。 一方、かつてマニア志願なら気軽に買える価格であったパソコンは、ミニコン並みへの高性能化により1セット20万円代以上という高価なものになっていました。そのため、若年層がより手軽に入手・使用できる廉価機として、8ビットのCPUを採用したMSX規格が登場します。 1993年には、同じくマイクロソフトによってWindows3.1が発売され、後述のWindows 95を経て徐々に32ビット・Windowsの時代に入っていきました。この時代、アプリケーションソフトウェアの発達とパソコン本体の低価格化が急速に進み、ワードプロセッサ等の専用機器を利用していたユーザーの中にも、次第にパソコンに乗り換える需要が発生。専用機市場を淘汰していきました。 1995年には、Windows 95が登場、PC/AT互換機でパソコンのハードウェア構成を理解しないでも利用できる環境が整い、従来は取り扱いの複雑さから躊躇していた潜在的市場が活性化、市場規模が空前の急成長を遂げた。この頃まではワープロソフトと表計算ソフトがパソコンの2大アプリケーションであったが、1990年代中頃にはインターネットが急激に台頭、パソコンのウェブ端末としての利用が一般化していきます。1998年にはインターネットのための新世代のパソコンと銘打ったiMacが登場し、インターネット利用に関するモチベーションは社会革命と呼ぶべき様相を呈しました。 2000年代に入ると、日本では省スペース性に優れたノートパソコンが市場の主流となる一方、Windowsパソコン市場は冷えつつある様相を呈しているが、これは消費者がパソコンに興味を示さなくなった訳ではなく、既に消費者の求める水準からオーバースペック状態にあるため、新しい買い替え需要を喚起し難くなったと見るのが妥当でしょう。 2007年9月の段階では、消費者の多くは、パソコン本体よりもデジタルカメラやデジタルオーディオプレーヤーといった新しい娯楽・生活用品としての周辺機器や、既存のパソコン記憶容量を向上させる外付け(または内蔵)ハードディスク等といった追加記憶媒体へと、その投資対象を移していきます。 2008年現在の段階で最小限の構成なら最安値で2~3万円程度でも購入できるほどにまで低価格化が進行しています。また、同時にハイエンドクラスの物も10万円台で購入可能になってきています。単体では機能せずネットワークに繋がれたサーバにほとんどの処理を任せるシンクライアントという新しい形態の端末も台頭し始め企業でパソコンを大量に更新・導入する際の新しい選択肢となっています。

現在のパーソナルコンピューター業界はどうなっているのだろうか。すでに一家に一台の時代から、一人に一台の時代になってきている。しかし、スマホの普及などにより、ネット環境しか必要としない人にとってはパソコンは不必要であるということが鮮明になってきた。

Copyright © All rights reserved.パーソナルコンピュータについて学習.