概要

コンピューターの大まかな歩みをここで述べてみたい。パーソナルコンピューターという概念がでてきて、ドラえもんで描かれている21世紀の夢の世界のものだと思われていたが、21世紀になる前に、普及は実現した。当初は、計算や企業内での処理だけにしか使用用途だけだろうと思っていたが、そうではなく、個人レベルの生活または、遊びを豊かにするものとなった。1960年代までのコンピュータは、きわめて大型で高額なものであり、当時は1台のコンピュータを複数人が共同で利用するのが一般的な形態でした。 1970年代に入る頃には、高額かつ大型で専門家が操作するメインフレーム(汎用コンピュータなどとも呼ばれる)、事務計算用のオフィスコンピュータ(オフコン)(オフィコン)、研究用のミニコンピュータ(ミニコン)など各種のコンピュータに分化していたが、特別な場合でない限り、いずれも複数人が共同で利用しました。 1970年代後半になって、個人で購入可能なくらいに小型で低額なコンピュータが登場した。このような製品を当初はマイクロコンピュータ(マイコン)などと呼んだが、外観・操作性が洗練されてきたものを、従来品との差別化を図るため、個人用途であることを強調した「パーソナル」を冠して呼ぶようになりました。 特に個人のためのコンピュータという意味では、アラン・ケイが1972年のACM National Conferenceで発表した"A Personal Computer for Children of All Ages"にその言葉が見られます。 ここで言うパーソナルコンピュータとはダイナブックのことです。 現在一般的には、入力機器としては、キーボード・マウス(ポインティングデバイス)など、出力機器としては、ディスプレイ・プリンタなどと組み合わせて利用します。 最近では、CPUを始めとするパソコンの各パーツの性能の向上が著しいため頻繁に新製品が登場しています。 性能の向上だけではなく、機能の向上も著しく、パソコンのスタイル自体も変化をしてきています。デスクトップ型から、持ち運びができるノートパソコン型への変換。さらにはタブレット型への返信により、いつでもどこでも、肌身離さず持ち運びができるように小型化している。

Copyright © All rights reserved.パーソナルコンピュータについて学習.